乳癌の早期発見の検査

乳癌にならないために

診察

医師が行なう乳癌検査

転移が怖い乳癌を発見する検査では、医師による視診や触診からまず行われます。乳房の状態を目視で確認し、それからしこりの有無、リンパ節の腫れなどを触診によって検査していくのです。

有名なマンモグラフィ検査

乳癌検査といえば、多くの方がマンモグラフィ検査を思い浮かべるでしょう。マンモグラフィ検査は乳房のみのX線検査になっているので、小さな乳癌を見つけ出すことが出来ます。

年代別で分かれる

30代よりも若い女性ではマンモグラフィ検査よりも超音波を用いたエコー検査が望ましい場合があります。しかし、本人が望めばマンモグラフィ検査でもエコー検査でもどちらでも受けることが出来るので医師と相談してみましょう。

精密かつ的確

CTMRIの検査ではCTスキャンとMRIの両方の検査を同時に行なうことが出来ます。それにより、立体的に検査結果を知ることが出来るので乳癌の有無を精密に行なうことが出来るのです。

どの検査を行なうか

他にもいくつかの検査方法がありますが、一度にたくさんの検査を受けることは出来ません。そのためどの検査を行なって乳癌を発見していくかは本人が決めなければならないのです。検査医師と相談し、定期的な検査を行なうことが重要になってきます。

様々ながんの治療法と対処

診察

乳癌にならないために

乳癌を患ってしまうと、大事な胸を失う可能性も出てきます。また転移などで骨やリンパに移ってしまうと全身に癌が広がる可能性も出てくるのです。このようなリスクを減らすためにも乳癌の検査をしっかりと受けましょう。

READ MORE
ドクター

咽頭がんの治療法

風邪の症状に似ている咽頭がんの初期症状は、多くの方が見過ごしてしまいがちです。喉に違和感を感じるのであれば風邪の可能性もありますが、咽頭がんの可能性もあるので早めに検査し治療しましょう。

READ MORE
女の人

遺伝性乳癌を検査する

乳癌は遺伝でなってしまうこともあります。100パーセントの確率で発症する訳ではありませんが、リスクを背負っていることに変わりはないので遺伝性乳癌の対策を知っておきましょう。

READ MORE
広告募集中