遺伝性の乳癌検査を行い早期発見を行おう

遺伝子検査は優れている

最近、ガン検査で注目されている遺伝子検査ですが採血をするだけでがん細胞の有無がわかり、どの部位のがんなのかを特定することも出来るようになっているので優れた検査と言われています。

ガン検査で多い検査ランキング

no.1

「CT検査」

CT検査はレントゲン検査を立体的に行なったように、体の中を輪切りにした画像で病巣を発見する検査になります。この検査では妊婦や妊娠をしている可能性を持っている方々は受けることが出来ないとされています。

no.2

「MRI検査」

MRI検査は磁気と電波を使って検査を行います。そのためCTのように被爆する可能性はないので安心して受ける事が出来るでしょう。様々な角度から検査出来るのでがんの位置を確認するにはうってつけの検査と言われています。

no.3

「超音波エコー検査」

乳癌の検査でも行われる超音波エコー検査ですが、その他にも腹部や甲状腺の異常を見つけるために行われています。乳癌検査を行なう多くの方が超音波エコー検査で乳癌を予防しています。

no.4

「内視鏡検査」

胃カメラとも呼ばれている内視鏡検査は一般検査でも多く行われている検査です。ガン検査としての内視鏡の役割は、胃がんや大腸がんなどの発見を行なうことが目的とされています。

no.5

「遺伝子検査」

がん検査で比較的新しい検査方法として利用されているのが遺伝子検査になります。新しい検査なので認知度も高いとは言えないです。しかし、検査方法は採血のみで済むため患者にとっては負担の少ない検査と言えるでしょう。

遺伝性乳癌を検査する

女の人

がんの検査を行なう

がんは成長もしますし、転移もします。体の調子が崩れ、また元気になる、といった状態が長く続くのであればがん細胞が増殖して他の臓器や細胞に悪影響を与えている可能性もあるので早めに検査しましょう。

身内にがん患者がいないか

身内や親族にがんを患ったことのある方がいる場合、血縁関係でがんの発症リスクが上がってしまいます。特に、乳癌などは遺伝性が強いのでしっかりと検査をしておく必要があるのです。

乳癌の可能性が見つかっても

検査で乳癌の疑いや可能性が見つかっても、早期治療を行なえばがんを治すことが出来ます。乳癌は転移をしてしまうと全身に広がってしまうケースもあるので、がん細胞が小さな状態で治療することがベストといえるでしょう。

自分から進んで行なう

乳癌の検査を自分から進んで行なうことで、子供や家族のためになります。自分にがんの可能性があるのかを知っておくと、子供にも癌の遺伝性があるかを伝えることが出来るようになります。

乳癌のリスクを減らす

遺伝性の乳癌の発症リスクを減らすために行われている治療として、予防的乳房切除術と呼ばれる治療があります。乳癌の細胞が大きくなって転移しないように、事前に乳房を切除するという対策になっているのです。

様々ながんの治療法と対処

診察

乳癌にならないために

乳癌を患ってしまうと、大事な胸を失う可能性も出てきます。また転移などで骨やリンパに移ってしまうと全身に癌が広がる可能性も出てくるのです。このようなリスクを減らすためにも乳癌の検査をしっかりと受けましょう。

READ MORE
ドクター

咽頭がんの治療法

風邪の症状に似ている咽頭がんの初期症状は、多くの方が見過ごしてしまいがちです。喉に違和感を感じるのであれば風邪の可能性もありますが、咽頭がんの可能性もあるので早めに検査し治療しましょう。

READ MORE
女の人

遺伝性乳癌を検査する

乳癌は遺伝でなってしまうこともあります。100パーセントの確率で発症する訳ではありませんが、リスクを背負っていることに変わりはないので遺伝性乳癌の対策を知っておきましょう。

READ MORE
広告募集中